ご挨拶・社訓

今日私たちの生活は、様々な先端技術によって支えられております。

より豊かで、より快適な生活を得るため科学技術の粋を集めた工業製品が朝の目覚めから夜眠りにつくまで、また睡眠中も私達の身近なところで活躍しております。

発展のめざましい高度情報化社会の中で私たちはよりスピーディーにたえず培われている加工技術で柔軟な発想と利便性のある社会としてCustomer satisfactionの基本である品質の安定、向上に向け、常に業務改善及び求められているNeed+One(一歩先)を考え、お客様の”Best Partner”となれることを目指して行きたいと考えております。

代表取締役 菅原 新一


 

社 訓

 

「 難有 感謝の心 」

「難有 感謝の心」とは、人が生きてゆく上で、幸福があり、苦難があり、その幸福や苦難も感じる人によりそれぞれですが、それらには無駄なく人に人生の意義を感じさせてくれます。人は人生の中で苦楽の経験を重ねることにより、人として成長していきます。
仕事においても同じで、大きな難題に向かったときは人として、また技術の向上の機会を頂いたと思い、頂いた難題に感謝をすることを願います。

「難有、感謝の心とは」

より、経験豊かに自分たちに幸福をもたらしたければこそ、苦難とは幸福を得られる絶好の機会となる。困難こそ感謝をもたらしてくれるものだからこそ感謝して受け入れる心が大切なのではないかという意味を持っています。